2024 | 0605

ピトンヒント第二回「デリケートゾーンの洗い方」

ピトンヒント第二回「デリケートゾーンの洗い方」

え!正しい洗い方があるの?!
そう。あるの😘🛁

┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈
とにかく優しく。
専用ソープは、ちゃんと意味があります。
┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈

デリケートゾーンは、他の部位とpHが違うため
非常に繊細で、傷つきやすいです...!


善玉菌をごっそり洗い流してしまわないように
専用ソープを選びましょう🤍


丁寧に洗うことで、何かトラブルがあった時に
すぐに対処ができます。

そんな学校では教えてくれないpitonでのケアの方法お伝えさせてください。

デリケートゾーンは弱酸性。

アルカリ性の強い石鹸で洗うと膣の菌のバランスが崩れてしまう可能性もあるので専用ソープで洗いましょう。

基本的にぬるま湯のみでも汚れは落ちてはくれますが複雑な構造上オリモノの汚れなどが溜まりやすくなっております。

優しく泡で汚れを落として臭いの元を取り除いてあげましょう。

まぶたよりも薄く繊細と言われているデリケートゾーン。

刺激に弱く黒ずみの原因にもなりますので水圧も弱めにしてあげるのがおすすめです。

膣内は基本的に自浄作用が働く場所なので、膣内環境を壊さないようにソープなどを中に入れないようにしましょう。

洗い終わったら優しくタオルで拭いてください。

ゴシゴシ拭いて摩擦を与えるのはダメです!

洗浄力の強すぎないフェムケア専用の製品をお勧めします!

私たちのpiton Femcare Soapのご紹介もさせてください。

繊細な場所だから、専用製品で優しく守って洗う

ハワイの大自然で育ったタマヌオイル配合のフェムケア専用ソープです。

肌にピトっとフィットするクリーミーな泡がデリケートゾーンを包み込み、優しく洗いあげます。デリケートゾーンの肌環境に合わせたpH値で、負担なく清潔に保ちます。

経皮吸収率の高い場所だからこそ、安全性を第一に7つのフリーにこだわった設計になっております。

本日のピトンヒントまとめ

デリケートゾーンを洗う場合は専用のソープで洗いましょう。

デリケートゾーンを洗うときはこすらずに優しく泡を滑らせて洗いましょう。

強すぎる刺激は黒ずみやトラブルの原因になりますのでご注意を。

ブログに戻る